ホーム / 防犯協会からのお知らせ / 平成28年度支部長意見交換会を開催

平成28年度支部長意見交換会を開催

16年10月3日掲載

 各防犯支部の活動状況の共有と意見交換を目的とした支部長意見交換会を開催しました。まず、浦安警察署生活安全課から7月末現在の犯罪発生状況について説明があり、その後、意見交換会では自己紹介を兼ねて各団体の防犯活動状況を報告しました。

<新町地区 9月26日(月) 日の出公民館 14支部出席>
<元町地区 9月27日(火) 中央公民館  18支部出席>
<中町地区 9月29日(木) 富岡公民館  30支部出席>
 
 徒歩、防犯パトカー、防犯バイクの利用、ゴミ拾いを兼ねる、ながらパトロール等、どの団体も自分たちができることを工夫しながら、地域に根ざした防犯活動を行っています。


■活 動 事 例■
〇一日8,000歩を目標に、万歩計をつけて健康パトロールを実行中。
〇子どもの参加を促すため、子ども用防犯ベスト、腕章を作った。自治会のフェイスブックを開設し防犯活動報告を掲載して興味を持ってもらっている。
〇交差点や角に立って見守り活動をしている。
〇朝の時間にシニア会による朝の地域巡回。防犯バイクを使用した地域パトロール。
〇学区は違うが、隣り合うマンションで合同パトロールを行いたい。
〇みせる防犯を心掛けている。また、住民同士のあいさつを大事にしている。
〇個別の活動は孤立化するので、みんなを巻き込み合同でパトロールをしたほうが長続きする。
                                 など



【今後の課題】
●参加者の高齢化や会員減少による活動不足が懸念される。
●新規加入者の増やし方。
●環境は変わっていくので、パトロールに関しても考えを変えていく必要がある。 


  • 新町地区

  • 元町地区

  • 中町地区
up